200m。

2010年10月26日 20:00

初めて200mを走ったのは中学校のころ。


4×200MRってのが僕らのときはあったからそのためにちょいちょい200mには挑戦してた。


まっあんまし速くなかった。
(たぶん25秒台だった。)


高校で初めて試合で走ったのは高2の春。


何秒か分からんけど先生がそんだけ200m走れたら400m走れるなんて言い出して400mHとマイルの予選要因に昇格。


そっからまた200mは試合に出場していない。


高3の春にまた走ったがそれも微妙だったのだと思う。


周りに何か言われた記憶が無いから。


そっからまた1年以上あいて大1の夏に走った。


確か22”8くらいだった。


先輩に負けてめっちゃ悔しくてそっから怒涛の走りこみをしたのを覚えてる。


大1の秋にまた出場して22”28!!


これは鮮明に覚えてる。


めっちゃ楽しかった♪


この時初めて200mの楽しさを感じた。


この時が110mH兼200m選手の誕生だったのだと思う。


翌年大2の春には21”8を連発。大3には21”5を数回出した。当時のインカレ標準突破!!(出なかったけど)


大4年には21”4を2回。


大雨の向かい風でも記録した21”4は200m兼110mH選手になろうかと思ったほど…


社1練習してなかったので22”5くらいで終わり。


社2そこそこ練習できた秋には21”47。


社3春先から21秒台連発で夏に奇跡の21”36(PB)


その時は200mも110mHも楽しくて仕方なかった矢先の背筋の肉離れ…


ここで一気に衰えた…


翌年、社4はやっとこさ21秒台。


そして社5の今年も21”8で臨んだ岡山カーニバル。


内容は悪くなかったが練習不足で全く歯が立たなかった。


走り終わってから悔しさで一杯でしたがパピーの後輩2人に200m選手としての引導を渡された。


そしてパピーのこの台詞が今でも頭に残ってます。


「とても無駄の無いハードリングをしてる。まだまだこれからだ。」


いつまで出来るか分からない。


夢である13秒台に到達できるかも分からない。


もう200mにこだわってる時間は無い。


明日もう辞めてるかもしれない。


来年の今続けてる自信がない。


だから…





ハードル選手になります。





前々から色々な人に言われてた事。














この日記出るころは僕は暗闇を疾走中かな??
( ゚∀゚)
















byありがとう200m!!Moto


最近の話