ダメージ。

2017年02月12日 22:34

昨日の競技場練習で猛烈なダメージを予想していたが…


ハムへのダメージはほとんど無く、お尻周りと腰、肩甲骨の下の辺は若干張ってる程度。


二の腕と腕の付け根。


ハードル練習による左ふくらはぎのダメージ。


スピード練習はして無くて、終始技術練習だったのでこのダメージに収まってるのかもしれない。


しかし、1ヶ月ぶりの競技場練習だったので想像より大したことなくてビックリした。


特に300m200m100mのダメージは凄いのが来ると思ってた。


この体の感じから言えるのは、走り込み練習はやはりやった感だけで体へのダメージは少ない。


技術的、肉体的な効果は少ないのだ。


ついつい走った距離で練習した感じになりがちだが本質は違う。


もっと心肺的な、耐乳酸的な効果はあるのだろうがたまにで良い、1週間に何度もする練習では無い。


やはり加速走等のスピードを上げる練習をしてダメージを与えた方が、試合への準備が出来る。


今日は何もなし。


ストレッチ意外何もしていない。
















byGENKO


最近の話