続・昔話。大1天国と地獄

2009年03月09日 22:30

「続・昔話。大1天国と地獄」


南大阪大学に入学して…


デビュー戦から1ヶ月後、関西インカレ2部を一年生ながら14”74で優勝。


関西インカレ4連覇(2部)への第一歩になります♪


2部は年によれば15秒台でも優勝できるレベルだったので…


しかしその後行われた1部の8位のタイムも14”74…


当時レベルの高さにビビりました。
((;゚Д゚))ガクガクブルブル


春先よりみなにチヤホヤされて大学の先輩も誰も僕には文句を言う人はいなくなりました…


ここから高校時代に練習をやり過ぎて失敗した男が練習をしない失敗をしていくことになる。
(b>д<)b


次第にハードル練習しかしなくなる@@@
;:il:il|;l|;il:i(-ω-`;)ll|l|il|;:il|!


全く練習で走らなくなり、7月くらいに行われる日本ジュニアでは15秒台。


その後の記録会ではついに15”8もかかりだします。
Σ(゚д゚lll)ガーン


偶然にもその年の日本ジュニアの会場が福岡県の博多の森だったのもあり、先生や師匠に走り込み不足を指摘されて、それから朝連から300m+200m+100mをするようになります。


いつからかハードルは跳ばなくなります。


夏のクソ暑い中我慢を重ねて9月。


関西私立四大学対抗戦にオープン参加で見慣れないユニフォームを着た男がそこに立っていた!!


そうそれは僕です!!笑


超名門大学四校に混ざって南大阪大学の選手が一人混ざっているのです。
(;一_一)笑


しかし彼は成長していた!!


そこで200mを22”28!!


一気に何秒ベストを更新したかは謎って言うか覚えておりません。


再び彼はノってきた。


またまた調子にのって関西学年別で1年生の部で熊本インターハイで準決勝まで進んだ輩数人と、八種のインターハイチャンピオンを抑えて優勝してしまうのです♪
.。゚+.(゚ー゚)。+.゚イイ!!


このレース、ちょっとだけ熊本の借りを返したのだと思います。


そしてこの年の教訓が未だに生きています





「ハードルは短距離種目」


だということ。


ハードルは専門種目ではないのです。


走れてなんぼのもんです。


この教訓を体に刻みこみ冬季練習に取り組んでいくのであります。







byMoto


コメント

  1. Taka | URL | /2IyL6Is

    私大四大戦ってOP参加あるんですね・・・!
    今初めて知りました(笑)

  2. Moto | URL | -

    Re: タイトルなし

    そうなんですよ!!
    ;:il:il|;l|;il:i(-ω-`;)ll|l|il|;:il|!
    しかしながら僕一人だけでしたけどね…
    (b>д<)b

  3. ウォリナー | URL | -

    お久しぶりです

    岡山ACの話伺ってます
    ボクも来年行くかも

    また一緒に練習しましょう
    今日ゎ100の加速9"90でました

  4. Moto | URL | -

    Re: タイトルなし

    ↓ウォリナー
    やっ!!お久しぶり♪
    .。゚+.(゚ー゚)。+.゚イイ!!

    ぬぬ!!もう噂かな??ワラ
    そら~きっと歓迎してもらえるでしょう☆
    (b>д<)b

    なかなか調子良さそうで…
    今年はやられるかな??
    ((;゚Д゚))ガクガクブルブル

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://genkoudenson.blog116.fc2.com/tb.php/118-b7fbb084
この記事へのトラックバック


最近の話