ひとりごと。

2017年01月08日 22:53

2年前、ダイスケは社会人1年目でありながら自己ベストを叩き出した。


学生時代に何度も弾き返された壁を社会人1年目という劣悪なはずのコンディションにも関わらず自己ベストを出した。


私の社会人1年目…


確か


11.4-22.5-14.7くらいだったはず…
(ㆀ˘・з・˘)


社会人1年目という難しさの中で何故に彼が自己ベストを出す事が出来たのか。


それはおにぎりという存在。


ダイスケはそのシーズン自己ベストを出しておきながらほとんどの試合、小さな試合でも全ておにぎりに負けていた。


誰かと競い合い高めて行くという事を目の当たりにしたシーズンであった。


あの頃の2人の輝きを私は忘れる事は無いだろう。


故にその2人のがさらに輝ける時が来たのかもしれない。


競い合い高め合う。


あの輝きを取り戻したければ、君がそうした様に、君もそうされるべきだと思う。


そしてその時が終われば私も決断しなければいけない時が来るのかもしれない。

















byGENKO


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://genkoudenson.blog116.fc2.com/tb.php/1564-5fec04c1
    この記事へのトラックバック


    最近の話