試合当日のUP。

2012年07月07日 11:51

昨日は強行突破で神埼へ行きました。


行くまでは小雨。


よしやったるぞ!!


って意気込んでいた矢先雷鳴響き渡る…


大股歩行と短い坂ダッシュを数本して帰りました。


帰り車の車内からとても幻想的な雷を多々見ることが出来ました。


自然ってすげーーーなーーー!!改めてそー思いました。





話は変わりますが、また先週の岡山県選手権へと戻ります。


自分なりに次の課題よりもなぜハードルで好タイムが出たのかを先に考えています。


それで一番違ったのがウォーミングアップでした。


僕は普段、ハードルが跳べる状況があれば普通の人よりも多くハードルを跳ぶほうだと思います。


なので100mなどの短距離種目のアップでは良く時間が余ります。


それは中々1本目に一番良い動きが出来ないので本数跳んで少しずつ調整していくからです。


しかし、今年に入って試合当日のハードル練習の量を減らしています。


それはハードル技術の向上よりも心技体が一番ベストな状態で試合に望んだほうが効率がいいと考えたからです。


そして今回の試合では試合直前まで1回も跳びませんでした。


カンコースタジアムだったら少し雨が降っていてもサブでアップをする僕が雨天練習場でしました。


まずジョグをして念入りにストレッチをして動きに入り、最後にスパイクを履いて短いダッシュを5本程度しました。


間に少しハードルを意識した動きをしましたがいつもと比べたら断然ハードルの練習量が足りません。


競技場へ入りスタートから3台跳ぶまでは本当に未知。


正直自分にそこまでの期待はしていませんでした。


今考えればやってやるんだ!!っていう気持ちではなく布勢スプリントでの自分への失望感が良い感じのリラックスになったかもしれません。


いつもならUPでのハードル跳び過ぎで若干体が重たいところですけどとても体が軽く楽に進みました。


UP方法も考えないとダメだなって思いました。


次は来週の国体予選。


100の予選を上手く刺激にしてハードル一発決勝でしっかり走りたいですね。


イメージとしては岡山県選手権みたくインターバルをしっかり刻める動きが出来ればいいですね。










byげんこー


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://genkoudenson.blog116.fc2.com/tb.php/904-a5e8fb87
    この記事へのトラックバック


    最近の話